トップページ » 旅情報 » イタリア料理を食べる

イタリア料理を食べる

正式なコースは以下のとおり。量が多いので、場合によっては第二の皿は飛ばしても良い。 ただし格式あるレストランで、コースではなく注文は「パスタだけ」は敬遠されることがある。ピッツァやパスタだけを気軽に楽しみたいなら、ピッツァ専門店「ピッツェリア」や気軽な雰囲気の食堂に入ると良い。

ハムAntipasto アンティパスト(前菜)

食前酒を楽しんだ後に、ワインと一緒に楽しみたい前菜類。一般的なものはサラミやハム、チーズの盛り合わせなど、注文後すぐに出せる冷たいものがほとんど。オリジナルの凝った前菜を用意する店も多い。 食前酒はビールやスパークリングワイン、カンパリなど軽めのお酒で胃を刺激し、食欲を高める。

 

パスタPrimo Piatto プリモ・ピアット(第一の皿)

もしかしたらメインより楽しみなパスタ類、リゾット、スープがこれにあたる。店によってはかなりボリュームがある。

 

 

ステーキ

Secondo Piatto セコンド・ピアット(第二の皿)

メイン料理は主に肉か魚、肉の場合はステーキや煮込料理が多く、魚の場合はフライやグリルが多い。パスタをメインとする場合は飛ばすことも可能。

 

 

サラダContrno コントルノ(付け合せ)

肉・魚料理と一緒に楽しむ野菜類で、サラダや温野菜、フライドポテトなど。不要なら飛ばしても良い。

 

 

ケーキDolce ドルチェ(デザート)

どんなにお腹いっぱいでも食べられる不思議な食べ物。イタリア伝統のお菓子やケーキはもちろん、お店オリジナルのケーキ類、フルーツが並ぶ。リキュールなどの少し強めのお酒、エスプレッソコーヒーでコースを締めくくれば満腹間違いなし。

 

お支払い

レストランでは支払いは席で行う。ウェイターを呼び、伝票を持ってきてもらう。「お勘定お願いします!(Il Conto, per favore 「イル・コント・ペルファボーレ」)と,、通りかかったウェイターに声をかけるか、手を上げて、上げた手のひらに反対の手で文字を書く動作をすれば、お勘定のしるし。 持ってきた伝票には食べた料理のほかに「サービス料」と「テーブルクロス代」が含まれている場合がある。 サービス料は、いわいるチップだが、食事代の15%。 テーブルクロス代は名目上、テーブルクロスの洗濯代、もしくは「パン代」と呼ばれる金額を請求されることもあり、パンを食べても食べなくても(パンは食べ放題)請求される。どちらも一種のテーブルチャージ。

br

appeal

1. 自分たちだけのオリジナルの旅、オーダーメイド

旅程を自由自在にアレンジできる、究極の個人旅行。お客様のご要望を100%活かした「世界に1つだけのオーダーメイド」を実現します。ご予算に合わせた最適なプラニングが可能。ぜひご相談ください!

2. パッケージツアー = 個人パッケージ旅行のこと

当社パッケージツアーはすべて個人旅行。添乗員付きの団体ツアーとは違い、 他のツアー参加者に気を遣う必要がありません。 気の知れた仲間同士、自分たちのペースでご旅行をお楽しみいただけます。

さらに当社では、芸術観賞・ウォーキング・専用車での送迎など、イタリア各都市発オプショナルツアーが豊富!パッケージツアーが旅行のメインディッシュとすれば、現地オプショナルツアーはサイドメニューのようなもの。上手に組み合わせて「美味しい」旅行を創るのがコツです!

3. もちろん、現地のみの手配ご希望もOK!

パッケージツアーにお気に入りが見当たらない。そんな時は、現地オプショナルツアーチケット予約だけお申し込みください☆オーダーメイド手配のノウハウを活かし、様々なニーズに対応いたします。

4. ご出発まで専属のベテラン担当者がご案内

個人旅行では事前の下調べが重要。 当社ではお申し込み後からご出発まで、イタリア・フランス滞在経験豊富なスタッフがお客様の専属担当者となり、全力でサポートいたします。
br