トップページ » チケット手配 » スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

 

カルチョのスカラ座 スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

世界屈指のビッグクラブでミラネーゼの誇り、ACミランとインテル。ミラノの街を二分する両チームの対戦は熱くそして激しく、イタリアサッカー界だけでなく世界のサッカーの歴史に数々の名シーンを残している。近年は経済不況により世界的に有名な選手はあまり入団しなくなったが、それでも歴史あるこの2チームはイタリア国内だけでなく、欧州の舞台でも常にハイレベルなパフォーマンスを披露している。80年代後半から90年代前半にかけて黄金期を築き、文字通り当時世界最強のクラブであったACミラン、09-10シーズン3冠に輝き、日本人プレイヤーの長友選手もプレイするインテル。そしてクルヴァ(ゴール裏)から聞こえるティフォージのコーリや焚かれる発炎筒。試合のレベルだけではなく観客やスタジアム周辺の雰囲気、ビッグマッチに備えるミラノの街全体・・・日本では味わえない貴重な体験を味わえるはず。

アクセス

ミラノ中央駅から地下鉄+シャトルバスor徒歩を 利用

まずは自動券売機で往復分の2枚の切符を購入しよう。試合後のロット駅(Lotto)は大変混み合い、切符を買うのにも一苦労なので注意を。切符を購入後、ミラノ中央駅(Centrale)から地下鉄2番線(緑線)・Abbiategrasso方面に乗り5駅、カドルナ駅(Cadorna)で下車。その後乗換えで地下鉄1番線(赤線)のRho Fiera/Bisceglie方面のホームに行こう。スタジアムの最寄り駅のロット(Lotto)はRho Fiera行きの地下鉄に乗らないと行けないので注意。現地のティフォージはBisceglie方面の電車にも乗っている人も多々いるので、必ず電車の行き先の確認を!間違えてBisceglie方面に乗ってしまった場合はPagano駅までに下車すること。(Pagano以降は地下鉄の分岐があり本数も減るため戻るのに時間もかかる。)無事Rho Fiera行きの地下鉄に乗ったら5駅目がサンシーロの最寄りであるロット駅。たくさんのティフォージが降車するので、同伴者とはぐれないよう注意。改札を出て地上に出ると、人の流れは二手に別れる。1つはスタジアムまで5分程度の直行シャトルバスに乗る人、もう1つは徒歩でスタジアムに向かう人。行きに使った地下鉄の切符でそのまま乗車できるので乗ってしまえば楽だが混み合う。一方徒歩ではスタジアムまでは約15分、1本道でたくさんの人が歩いて向かうので迷うことはまずない。進行方向左側の歩道を歩こう。

ドゥオーモ前からトラム(路面電車)を利用

最も楽な方法がこれ。ドゥオーモ広場西側のトラム乗り場(Via Giuseppe MazziniもしくはVia Orefici)から16番のトラム(サンシーロ行き)に乗車し、終点まで行くとスタジアム前。
但し、同じ16番のトラムでもサンシーロ行き以外はスタジアムへ行かないので、乗車前に必ず確認を。帰りもこのトラムがお薦め。スタジアム前にたくさんのトラムが停まっていて回転もいい。

観戦するにあたって

・イタリアではスタジアム入場時にパスポートの提示を義務付けられているので必ず持参を。忘れると観戦できない。

・冬場は非常に冷え込むので(特に夜)、ホッカイロや防寒具で対策を。

・往復移動分の切符は予め必ず買っておくように。スタジアム付近での地下鉄やトラムの切符は、まず購入ができない。また帰りのロット駅は大混雑のため、事前に買っておくこと。

・移動中や現地での人ごみではスリに注意!

・スタジアム付近に差し掛かると、「チケット、チケット」とダフ屋に話しかけられるが無視を。

・チケット売り場の窓口はカテゴリーごとに分かれているので、事前に希望のカテゴリーを必ずチェック。チケット購入時はパスポートが必須。

・スタジアム付近では大量にパニーノやケバブなどといったB級グルメが販売されている。そういったスタジアムグルメを楽しむのも観戦の醍醐味の1つ。ペットボトルやビン、カン類はスタジアム内に持ち込み不可なので紙コップに移し変えてもらおう。飲み物やスナック菓子はスタジアム内でも購入可能。

・お土産はスタジアム内外のオフィシャルショップで購入可能。露店では偽物も多いので注意を。またミラノ市内にもそれぞれオフィシャルショップ有り。

・チケット記載のINGRESSO番号にて係りにチケットとパスポートを提示、その後手荷物検査を受ける。ライターやペットボトル、ビン、カン類は持込不可。

・回転扉ではチケットのバーコードを読み込ませる。わからない時は近くにいる係員に教えてもらおう。

・回転扉をくぐった後はチケット記載のSETTORE(SET)の番号がある入り口へ。ここでもう1度チケットの提示が必要。

・雨天時には座席を拭けるものを必ず持っていこう。観客は濡れた土足で座席の上を歩くので、拭かないと汚れでとてもではないが座れない。新聞紙などを敷くのも良し。

・ゴール裏の観戦は臨機応変に。指定された席に既に人が居てなぜか譲ってくれなかったり、といった事が多々あり。揉め事が一番置きやすいカテゴリーなので要注意。

・試合終了後はトラムに乗る人、地下鉄に向かう人、車やバイクで帰る人でごった返すので注意。皆ばらばらに散らばっていく上に行きより暗くなっている可能性が高いので、トラムでドゥオーモまで出るのが一番わかりやすい。またスタジアム入場時の入り口(INGRESSO)と同じ場所に出るとは限らないので要注意。

br

appeal

1. 自分たちだけのオリジナルの旅、オーダーメイド

旅程を自由自在にアレンジできる、究極の個人旅行。お客様のご要望を100%活かした「世界に1つだけのオーダーメイド」を実現します。ご予算に合わせた最適なプラニングが可能。ぜひご相談ください!

2. パッケージツアー = 個人パッケージ旅行のこと

当社パッケージツアーはすべて個人旅行。添乗員付きの団体ツアーとは違い、 他のツアー参加者に気を遣う必要がありません。 気の知れた仲間同士、自分たちのペースでご旅行をお楽しみいただけます。

さらに当社では、芸術観賞・ウォーキング・専用車での送迎など、イタリア各都市発オプショナルツアーが豊富!パッケージツアーが旅行のメインディッシュとすれば、現地オプショナルツアーはサイドメニューのようなもの。上手に組み合わせて「美味しい」旅行を創るのがコツです!

3. もちろん、現地のみの手配ご希望もOK!

パッケージツアーにお気に入りが見当たらない。そんな時は、現地オプショナルツアーチケット予約だけお申し込みください☆オーダーメイド手配のノウハウを活かし、様々なニーズに対応いたします。

4. ご出発まで専属のベテラン担当者がご案内

個人旅行では事前の下調べが重要。 当社ではお申し込み後からご出発まで、イタリア・フランス滞在経験豊富なスタッフがお客様の専属担当者となり、全力でサポートいたします。
br