トップページ » 巡る旅 » 水の都、迷宮都市ヴェネツィア

水の都、迷宮都市ヴェネツィア

リアルト橋からの風景

1000年続いた共和国・ヴェネツィア

イタリアは19世紀に統一されるまで、各地に都市国家が栄えていました。
その中で、1000年にも及ぶ長い歴史を築いてきたのが、水の都・ヴェネツィア。その起源は、蛮族の侵入により陸地から追われた人々がラグーナ(潟)に逃げ込み、 住み着いたことに始まります。

その後、ビザンチン帝国の管理下から独立し、海上貿易により、狭い領土ながらも経済力のある共和国へと発展していきました。東ローマ帝国分割で莫大な利益を獲得し、政治的にも地中海地域でヨーロッパ最大の勢力をほこるようになりました。

独自の政治体制を持ち、各国の商人たちが行きかう国際都市となったヴェネツィア。
政治を動かした貴族たちは、競って運河に面した美しい邸宅を建て、現在もその姿を残しています。

やがて大航海時代が訪れると、地中海貿易にも陰りが見え始め、ヴェネツィア共和国は徐々にその国力を失い、18世紀末ついにナポレオンの手におちます。

それからはオーストリア領になるなど、外国支配を受けますが、1866年にイタリア本国に編入され、現在はイタリア屈指の観光都市となっています。

 

ヴェネツィアの街角

ヴェネツィア豆知識

◆ヴェネツィアの運河のなりたち◆

ヴェネツィアは街中に運河がはりめぐらされています。
一般的に「運河」というと、人工的に掘ったものが多いですが、 ヴェネツィアの場合は違います。

ヴェネツィアは、本来、人が住むには適さない、泥と砂できた「潟」(ラグーナ)。
その地中深く、固い層まで木の杭を打ち込み、 その上に海水に強い石を敷いて土台を作り、建物を建てていったのです。

「潟」(ラグーナ)は、水の浄化作用によって環境を維持しています。 その水の流れを堰き止めたり、無理矢理変えてしまうと、 衛生状態が悪化して疫病が流行るなどの悪影響が出てしまいます。

このため、本来の水の流れをそのまま残す必要がありましたが、 数多くの島からできている街中を、歩いて隣の島との行き来ができるよう、 橋が架けられました。

このようにしてできたヴェネツィアの運河は、 「潟」(ラグーナ)を健全に保つための天然の水路なのです。

 ◆通りの呼び名◆

ヴェネツィアの街を歩いていると、壁にいろいろな名称が書かれているのが目につきます。

イタリアの都市では「通り」を表す”VIA”や”VIALE”などがよく見られますが、 ヴェネツィアの場合は同じ「~通り」を表す言葉でも、多くの種類があります。

◇CALLE(カッレ)…一般的な道。
◇RAMO(ラーモ)…枝状に分岐している道。
◇RIO TERRA(リオ・テッラ)…もともと運河だったところを埋め立てた道。
◇FONDAMENTA(フォンダメンタ)…運河沿いの道
◇RIVA(リーヴァ)…フォンダメンタより広く、船がつけられるような広い道。

歩きながら、その違いを実際に確かめてみてはいかがでしょうか?
ヴェネツィアの路地  ヴェネツィアのねこ

参考文献:「迷宮都市ヴェネツィアを歩く」(陣内秀信著)

ヴェネツィア共和国の政治の中心、サン・マルコ広場

ヴェネツィアのおすすめスポット

◆観光地◆

サン・マルコ広場

サン・マルコ広場
ヴェネツィアの観光の中心。ナポレオンが「世界一美しい」と称えたといわれています。
ヴェネツィアの守護聖人であるサン・マルコを祭る寺院のモザイクは圧巻。また、広場を囲む旧政庁と新政庁の建物の前には、老舗のカフェがあり、ミニオーケストラの演奏が見られます。
寺院の横にあるのが、共和国時代の政治の中心パラッツォ・ドゥカーレ。ここはわかりやすく言うと、共和国時代の「国会議事堂」「首相官邸」「拘置所」が一緒になった建物です。ヴェネツィア共和国の歴史がここに詰まっているといっても過言ではありません。

リアルト橋

リアルト橋サン・マルコ広場から、昔からの目抜き通りメルチェリアを抜けると、10~15分のところにリアルト橋が姿を現します。ヴェネツィア本島の真ん中を蛇行している大運河(カナル・グランデ)に架かる4本の橋のうちで、最も美しい橋と言えるでしょう。
橋の上にはおみやげ屋さんが立ち並び、運河に面する側にはいつも写真を撮ろうと観光客がごったがえしています。昼は観光客で賑やかなリアルト界隈ですが、夜になると地元の人も集まるバールやバーカロ(ヴェネツィア独特の立ち飲み居酒屋)なども多い場所です。

066 ヴァポレット

 

◆その他のスポット~島巡り~◆

サン・ジョルジョ・マッジョーレ島
サン・ジョルジョ・マッジョーレ島サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会からの眺め

ヴェネツィアに行って、サン・マルコ広場の鐘楼にのぼる人も多いのではないでしょうか。
確かにサン・マルコの鐘楼からの景色もきれいなのですが、もっとおすすめなのが、サン・マルコ広場の対岸にある、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島。
ここにはパッラーディオが建築した教会があり、その奥に進むと鐘楼があります。この鐘楼からの景色は絶品。サン・マルコ広場の鐘楼やサルーテ教会はもちろん、ヴェネツィア全体が見渡せます。

ブラーノ島

ヴェネツィア本島の北にある小さな島。赤・青・黄色・ピンク・緑など、さまざまな色の家が立ち並びます。もともと漁師の島で、霧が出たときに自分の家が見つけられるよう、家の壁をカラフルに塗ったと言われています。
伝統工芸品のレース編みがさかんだったことから、レース博物館もあります。また、隣の島には公園や芝生があり、のんびり過ごしたり地元の人の生活を垣間見ることもできますよ。

トルチェッロ島

ブラーノ島の近く、今では人口もほとんどいない島となってしまいましたが、ここはヴェネツィア共和国の発祥の地。サンタ・マリア・アッスンタ聖堂はヴェネツィアで最も古い教会で、ひっそりとした島からは想像できない、豪華なモザイク画が見られます。また、鐘楼に登ると、ブラーノ島のカラフルな家と、ラグーナの原風景が見られます。

SANYO DIGITAL CAMERA

ヴェネツィア・基本情報

<最寄り空港>
マルコ・ポーロ空港
<主な国鉄駅>
サンタ・ルチア駅
(フィレンツェ、ミラノ、ヴェローナ等への特急、 ローカル線が運行)

<市内交通>
水上バス(ACTV社)
*ベネチア本島は、ローマ広場を終点に 車が乗り入れることができません。
運河を水上バスで移動するか、 橋で結ばれた島の上を徒歩で移動します。
サン・トマ、カ・ドーロ等の大運河の渡し場では、トラゲットといわれる ゴンドラで大運河を渡ることができます。

<ベネチアのお土産>
*ベネチアングラス
サン・マルコ広場の「パウリー」など、島のあちこちに専門店があります。
ガラス工房が立ち並ぶムラーノ島では、 本島より割安に買えることもあるようです。
中国製のものも多数出回っているので、料金が安すぎるものはタグをチェックしましょう。

*レース細工
ベネチアン・レース発祥の地ブラーノ島には、博物館を併設した専門店があります。
安価な品は中国製のことがあるので 購入前に品質表示をチェックすることをおすすめします。

SANYO DIGITAL CAMERA こんな風景を生で見てみませんか??

 

appeal

1. 自分たちだけのオリジナルの旅、オーダーメイド

旅程を自由自在にアレンジできる、究極の個人旅行。お客様のご要望を100%活かした「世界に1つだけのオーダーメイド」を実現します。ご予算に合わせた最適なプラニングが可能。ぜひご相談ください!

2. パッケージツアー = 個人パッケージ旅行のこと

当社パッケージツアーはすべて個人旅行。添乗員付きの団体ツアーとは違い、 他のツアー参加者に気を遣う必要がありません。 気の知れた仲間同士、自分たちのペースでご旅行をお楽しみいただけます。

さらに当社では、芸術観賞・ウォーキング・専用車での送迎など、イタリア各都市発オプショナルツアーが豊富!パッケージツアーが旅行のメインディッシュとすれば、現地オプショナルツアーはサイドメニューのようなもの。上手に組み合わせて「美味しい」旅行を創るのがコツです!

3. もちろん、現地のみの手配ご希望もOK!

パッケージツアーにお気に入りが見当たらない。そんな時は、現地オプショナルツアーチケット予約だけお申し込みください☆オーダーメイド手配のノウハウを活かし、様々なニーズに対応いたします。

4. ご出発まで専属のベテラン担当者がご案内

個人旅行では事前の下調べが重要。 当社ではお申し込み後からご出発まで、イタリア・フランス滞在経験豊富なスタッフがお客様の専属担当者となり、全力でサポートいたします。
br