ヨーロッパの街角には
フォトジェニックな景色があふれている
かけがえのない『一瞬』を切りとりに
カメラ片手に旅へ出よう

空の色、雲の形、色づいた木の葉の模様、
市場に並ぶ野菜、ジェラート、ヘンテコな彫刻。
その日、その時、その場所でしか出会えない
『一瞬』を写真に残す。

インスタグラム、Facebook、Twitter、
写真を保存する方法は色々あるけれど
その景色は、シャッターを押すあなたの心の中に
一番深く刻まれることでしょう。

ローマ ROMA

永遠の都ローマ。
イタリアを訪れるのであれば外すことのできない歴史と宗教が融合する観光都市。

古代ローマ時代の壮大さを物語るコロッセオ、フォロ・ロマーノ、パンテオン、
カトリックの中心であり世界最小の国ヴァチカン市国、
スペイン階段やトレヴィの泉、真実の口 などなど
見どころを挙げたらきりがありません。

コロッセオを一望できるレストランへ行ったら、
壁には誰かの落書きが。

TI AMO ♡ (あいしてる)

カップルで訪れてセルフィーを撮ったら幸せが続く・・・かも。

パリ PARIS

華の都パリ。
世界一観光客が訪れる、あこがれの街。

エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ通り、セーヌ川クルーズ、
ヴェルサイユ宮殿、オペラ座の王道コース。
ルーヴル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館で芸術三昧。
足を延ばして世界遺産モン・サン・ミッシェルへも。

インスタ映え、SNS映えなんて気にしなくても、
芸術の都であり、ファッションの都でもあるパリは、どこを歩いても絵になる。

スーツケースはホテルへ置いて、最低限の荷物とカメラだけ持って街へでれば、
気分はすっかりパリジェンヌ。
街角のお菓子屋さんでかわいいマカロンタワーをみつけてパシャリ。

バルセロナ BARCELONA

青い海と輝く太陽。
情熱の国スペインの中心バルセロナ。

超必見のサグラダ・ファミリアをはじめ、タイルのトカゲがかわいいグエル公園、
カサ・ミラ、カサ・バトリョなど奇才アントニ・ガウディが手がけた建築が
街の随所にみられます。
モデルニスモ建築好きならば、カタルーニャ音楽堂、サン・パウ病院、
ラス・プンシャス集合住宅もおすすめ。

サッカー好きならカンプノウスタジアムへ。
スペイン料理を食すなら、名物料理パエリヤはもちろん、
地元の人が集まるバルを巡ってタパスをつまみに乾杯するのも楽しい。

『骨の家』とも呼ばれるカサ・バトリョ。
ガウディがリフォームを手掛けた建築物。
骸骨のような外装がキモカワで思わずツイートしたくなる。

ヴェネツィア VENEZIA

水の都ヴェネツィア。
ゴンドラが誘うロマンティックな水の迷宮。

中世イタリアを代表する海運王国として栄えたヴェネツィア。
ゴンドラに揺られ無数の運河をさまよう体験はここでしかできません。

まず訪れたいのはサン・マルコ広場、ドゥカーレ宮殿、リアルト橋。
現代アート好きならば安藤忠雄氏が内装を手掛けたプンタ・デッラ・ドガーナは必見。
2年に一度のアートの祭典『ヴェネツィア・ビエンナーレ』もタイミングがあえば是非。

夜はヴェネツィア独自の立ち飲み文化バーカロを体験!
シーフード料理も忘れずに味わって。

よりディープにヴェネツィアを味わうならば、周辺の島巡りもお忘れなく。
ガラス工房が多く集まるムラーノ島、
ヴェネツィアで最も古くから人が住んでいたとされるトルチェッロ島、
そしてカラフルに彩られた家々がフォトジェニックなブラーノ島は特におすすめ。

ロンドン LONDON

音楽とカルチャーの発信地ロンドン。

イギリスの商業と金融の中心地、そしてヨーロッパ随一の観光都市ロンドン。
バッキンガム宮殿、大英博物館、テムズ河、ビッグベン、ロンドンアイ、タワーブリッジ、
ハイドパーク、テート・モダン、トラファルガー広場、ピカデリーサーカスなどなど
有名な観光地が目白押し。
2階建てバスに乗って市内観光へ繰り出そう。

Sex Pistols、The Clashなどパンクが生まれた街ロンドンは、音楽シーンでも常に最先端。
アナーキー気分で街を颯爽と歩きたい。

ナポリ NAPOLI

南イタリアの下町ナポリで陽気な人々に出会う。

ローマから特急列車で約1時間。
イタリア好きのリピーターにも人気の高いナポリ。
その魅力はなんといっても陽気なナポリ人たち。
旅先での出会いはかけがえのない思い出になることでしょう。

下町スパッカ・ナポリは世界遺産。
フェリーに乗れば青の洞窟カプリ島。
足を延ばせばポンペイ遺跡やアマルフィ海岸への日帰りツアーも楽しめる。

モチモチした食感が日本人好みの本場のナポリピッツァは絶品。
トマトの鮮やかな赤、バジルの緑、まさにイタリアンカラーで思わずシャッターを押したくなる。

フィレンツェ FIRENZE

ルネッサンスの都フィレンツェ。

ルネッサンス文化の聖地フィレンツェは徒歩で観光ができるのが魅力。
フィレンツェの絶景を眺めるのであれば、ドゥオモ、ポンテ・ヴェッキオ、ミケランジェロ広場へ。

芸術鑑賞はウフィッツィ美術館の『ヴィーナス誕生』とアカデミア美術館の『ダビデ像』がマスト。
シニョーリア広場ではたくさんの野外彫刻に出会い、
中央駅では日本でも人気のサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局へ立ち寄ることもお忘れなく。
専用車を貸し切ってピサの斜塔を目指したり、トスカーナのワイナリー巡りも楽しい。

フィレンツェの栄華を物語るピッティ宮殿を訪れたなら、
穴場だけど、人気フォトスポット『バッカスの噴水』の前で記念撮影。
左手は腰に、右手はパーを突き出して、はいっ チーズ!

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要